サービス業のページ

カタチの無い技術やサービスをまんがで表現する場合、やはり物語が重要です。接客の現場こそがドラマの舞台、その物語こそがまんがのテーマになります。

お店の特長を文字で箇条書きにしても、お客様にはなかなか伝わりません。まんがのキャラクタが驚いたり、喜んだりするからこそ、「そうなんだ」と同意できるのです。