アクセサリショップ vol.2

一方で、女性っぽいキャラクタで描きわけたものがこちら。線と色の使い方も全く異なります。ふんわりした柔らかい仕上りになっています。

Comments